仮面ライダーゴーストをもう一度評価してみない?

仮面ライダーゴースト

ゴーストをもう一度評価するスレ

スレ主の『ゴーストは実は酷いものじゃないかも』という気持ちはわかるけど

良くてカブト後半レベル

進兄さんがやりたい事が多過ぎて主軸がよくわからないキャラだった反省からか
タケル殿は逆に自分から主体的には動かない受動的な主人公だっなあ
そんで結局敵側もなにしたいのかさっぱり伝わらないので最終的に誰が何のために戦ったるのか全くわからない感じに
キャラは可愛かったんだけども

タケル殿は「生き返る」っていう明確な目的が存在している主人公のはずなのに
そんなイメージになるあたりがゴーストって番組のおかしなところだ……

序盤の1話完結のテンポの良さからの中盤のストーリー展開はどんどん話が進んでるって感じですごく盛り上がった
問題はそこから2話完結のお悩み解決に毎回義務のように繰り返されるガンマイザー退治とマコト兄ちゃん対決の終盤
前も書いたけど3クールだったら名作になったと思う

前半まではまぁまぁよかったかもしれない。

でもグレイトフル登場以降はどう弁明しても駄作だね。

特に唐突に現れたフレイヤの扱いなんか、打ち切り漫画のソレそのものだったし

1時間にまとめられた夏映画は悪くなかったんだよね
タケルが生き返りたいって気持ちが見えてこないし成長も見えない
てかグレイトフル出てからも英雄アイコンと語り合いとかしてんじゃねえ

平成ジェネレーションズを見て改めてBGMの優秀さに気付いた
めっちゃテンション上がるわ

めっちゃテンション上がるわ
それ
ゴーストの数少ない良いところだよな
OPもカッコよさこそ無いけど地味にいい歌

2・3号ライダーにもパワーアップアイテムが与えられてるにも関わらず役立たずってのが可哀想だった

ガンガンキャッチャーは強化アイテムじゃなくて「心が未熟だったために今まで使えなかった初期装備が解放された」だけなんですよ

正直序盤も…
テンポは良かったけど話としては平成二期で何回も見たようなお悩み解決だったし
アランは好き

1クールはまだキャラの目的が見えてたし、敵のスペクターにも深い関係性があったからドラマになってた
目的もキャラの関係性も薄くなったから、後半はただひたすらつまらなかった

西園寺を1クールで退場させたのが敗因な気がする
あいつとタケル、マコト以外誰も英雄アイコンが目的じゃないから
全然アイコン動かないし
ガンマが英雄パーカー使ったのってグリムイゴールだけでしょ?
敵も味方もパーカー来て強化するんだから
オーズよろしくアイコンロワイヤルすれば盛り上がったんじゃないかな

当時からの酷評も冷静な視点で見ての意見だと思うんだ

時系列がよくわかんないんだが
仙人のダークゴースト見てタケルがアルゴス知ってる=映画と同一時間
なのに最後の方ではゲンムの顔を見て映画で会ったエグゼイドが全くピンと来てないのはどういうことなんだ?

ほんとやね、気づかんかった
特別編でも会ってるのにそんなそぶりもなかったし
エグゼイドが出てきたとこだけはパラレルなのかも

ストーリー面に関しては明らかに練り込み不足だったよね。
時間がなかったのか、脚本家にトラブルがあったのかは知らんけど。
ともかく眼魔方面に関しては設定あやふやになっていたのは間違いないと思う。

現場も色々大変だったんじゃないかね?

企画の時点で二転三転してたらしいし

決め台詞の「命燃やすぜ」の「ぜ」がタケルのキャラに合わなくて浮いてた
幽遊白書の初期の幽助みたいに一般人には姿が見えないとか生死を明確にしてほしかったね タケルが死んでるはずなのにデメリットや拘束がなくて生きてるんだか死んでるんだか・・・

後になって英雄がタケルに語り掛けたり人に憑依するのを見ると、
ムサシ以外の英雄は眼魂になった理由を知らない→各々好き勝手やってる時にタケルと出会い味方になる
という流れにした方が良かったと思う

そもそも本編中2、3月なのに映画で夏祭りしてる時点で……
なんか本筋がブレたとかいう話は聞いた

放送期間一年間が劇中では半年間しか経ってないのがどうも混乱を招く
今までのライダーは一年は一年としてやってただけに
それも最初の3ヶ月はリアルタイムでも3ヶ月、後の3ヶ月はリアルタイムで9ヶ月という謎の割り振り方してるから

普通にリアルタイムで一年としてやってくれて良かったと思うんだ
特にせっかく幽霊で寺舞台なのに、夏のお盆ネタが使えなかったというのは勿体なさすぎる

1クールで現実より早い99日が過ぎて、残りの3クールて現実より遅い99日が経つ構成が狂ってる
展開早すぎる1クールと、展開遅すぎる残り3クール
前者でキャラの掘り下げが出来ないのは致し方ないとして、後者で出来てないのは酷すぎでは

良い要素もいっぱいあったのに全部もて余した感じ

眼魔のやりたいことが最後までわからなかった
だいたい仙人のせい

マコピー退場回では未だにアデルの攻撃くらったのはマコト兄ちゃんなのかマコピーなのか俺にはわからん
劇中キャラがあの状況を理解できてるのかも俺にはわからん

アデルの攻撃で死にかけたのは本物のマコト(字幕参照)
「カノンを危険に晒してしまった」という負い目もあってニセマコトの方に後を託そうともしてた
でもニセマコトの方はニセマコトの方で本物のマコトに影響されてたから自分の命を本物のマコトに渡して消滅した
マコトvsマコトの構図は嫌いじゃないけどもうちょっとどうにかならなかったものか……

制作側もそれは意図していたんじゃないかと
最初はノーマルとディープで区別できていたのが、両方ディープになってパッと見わからなくなるギミックは個人的に好きだったな

マコトも大概持て余してたが、アランも中盤からって何してたっけ…
こんな美味しすぎるポジションのキャラをここまで空気にできるのはほんと凄いわ
それぞれの要素組み合わせてレギュラーキャラ半分くらいにしても全然ストーリー成り立つだろ
特に後半、もはや役割もないカノンだのシブヤだのが
何するわけでもないのに皆でワーワーと戦場に出てくるのが気持ち悪くてしょうがなかった

今回の映画も、モロにそのパターンだったしなぁ…

日数カウントも話の節目でもなんでもないタイミングで突然画面に表示され始めたり、その割にストーリー上日数に何か意味があったわけでもなかったり迷走感酷かったよなぁ

自分の命より親友の妹を優先してしまって、結果自分の運命を受け入れる最初の消滅イベントは良かったんだけどなあ
物わかりが良すぎて人間味がないって言われるかもしれないけど、タケル殿に好感は持てた

キャラクターを全体的に活かせてない作品は大友人気を得難いんだろうな
御成だけが突出した結果、出番増やし過ぎて後半悪ノリが目立つ感じになっちゃったし

でも親御さんが子供に見せたいライダーではこれが一番だろうな
端から見てれば教育にいいことしか言ってないし残酷なシーンもないし

そういう薄っぺらい倫理観の人はそもそも主人公が金髪の時点でアウトかもしれない

オロナミンCのCMも復活したしな
平成初期に散々ケチ付けられたPTA受けがいいならそれはそれで良かった点と言える

デザイン的にはやっぱフード被ってる方がかっこいい
頭のつるつる具合からしてもフード被ってるの前提のデザインって感じがするし

デザインや劇伴は大好きなんだけどストーリーがあまりにもね

アデルが龍を56した犯人とわかって御成がキレてアデルを倒すべきって言った
アカリはアランのことも考えなさいと激昂した
御成はすみません、拙速には修行が足りないのですと言った

御成は年長者だし坊さんだよ 最終回近いんだし他のキャラが激昂して御成が静かになだめるようにしてよ…
御成の立場ないじゃん
アランの体を奪って遊んでたし…

偉人を全く活かしきれてなかった印象しかない

眼魔世界についての説明が甘いのがやっぱり大きいよな。
マコト、アランが仲間になった時点で小出しでもいいから世界観の説明やら、目的をハッキリさせないからモヤモヤした。

命は概念だから燃えないということを知れた

眼魔スペリオルはカッコいいと思う。
扱いがスゴーミンみたいな感じになっちゃったけど

本編で説明してよ

これは見てればわかるだろう

弥生時代にしては言語が発達しすぎ、アランのフミ婆に対する「お前よりも何百年も生きてる」みたいなセリフと齟齬が生じるって点から
まさか地球の弥生時代だとは思えないんだよなあ

いいアイデアは出すんだけど使い方ががっかりなのが多すぎた

何度も言われてるけど、やっぱり英雄15人は多すぎたよね。
全員が揃えばそりゃ圧巻だけど、そうそう何度も出来る事じゃないし
一人一人にそこまで秀でた個性があるわけでもないんで、どう見ても扱いきれてなかったし。
半分の7人くらいに絞ってればまだどうにか活かせてたような気がする。

cgi.2chan.net_g_res_1711608/index.htm