仮面ライダービルドも一気見が適してるタイプ

仮面ライダービルド

仮面ライダービルドも一気見が適してるタイプ

放送当時はエボルトがしぶとすぎて熱が冷めかけた時もあったんだけど改めて配信とか見てみるとドラマも面白くてキャラも好きなのが多くて良い作品だなと思った
お前らもビルドを語れ

4バカ好き

opに小室哲哉持ってきたの正解だったね

前半は好き

キャラクターのバカ会話パートとシリアス展開のサンドイッチな緩急が楽しかった
バカパートで親しみを持てるから退場が辛い…

グリスブリザードって特にそんな事言われてなかった気がするけどグリスより強いってことでいいの

強化アイテムとして開発されてるから当然強いよ

代表戦終わった辺りから思いつきで話転がしてないか?って思う部分もあったけどキャラの良さは健在だった

ラスボスとしてエボルトを生かさないといけないからその辺の都合でコロコロしてる感はあった

争い合ってたライダーが一致団結して地球の危機のために動き出すのいいよね

あの場面で特に強化されない死ぬだけの変身してたらカシラ馬鹿だよ!

ロストボトルのブラック化も必要だったから実は自殺が主目的ではある

記者でも生贄にしとけば良かっただろ
こっちは生き残らせることもできたんだし裏切りのツケを払わせれて一石二鳥じゃん

お前地球外生命体か何か?

死なない選択肢与えるだけ自分の利益しか考えてない戦兎よりかはマシだろ

一番の目的はロストボトルの為って説明あるだろ

内海が本当にサイボーグになってたのは笑った

まだわかってないようだな(略

仮面ライダーのバカ×4の平和なやり取りを30分ぐらい放送してほしい

髭のキャラはちょっと無理があったと思うけど後は大体好き
エボルトも魅力的だから面白い

今そんな寸劇してて大丈夫なの?ってタイミングでもコント挟むよね

頭の中までエボルトになるな

忍がクソ親扱いされてない事に驚くよ

冷静に振り返るとこいつ倫理観おかしいな…ってなるタイプのクソ親だったから…

全部を失った葛城人格…

終盤用に幹部キャラ2体は欲しかったな

バカといい感じになった女を戦いの場に差し向けてみたり三馬鹿が死んだと思わせて仲間のハザードレベル引き上げようとするのはお前だいぶ師匠に似てきたな…ってなる

どっちにしてもカシラがバカなのはそうでしょ!

戦兎と万丈のキャラクターに救われている部分はある

火星からの侵略者が紛れ込んでいたようだな…

ビルド組は滅茶苦茶運命共同体だと思う

所々うん…?ってなる部分はあるけど戦兎と万丈とカシラとヒゲの取り扱いだけはずっと間違えなかったから最終回の戦兎!で1億点位叩き出せたイメージ

疑問点は多々あるけどそれはそれとして他の部分は好きだから総合的に良作みたいな感じに俺はなってる

葛城母が不憫すぎんか

途中グダっても締めの流れだけ完璧にしておけばなんだかんだでいい作品として記憶に残るよな…って思った
最後の最後でみんなから慕われるヒーローになるヒゲいいよね…

Are you ready?

駄目です!

金取るのかよ…

葛城母とベルナージュに関しては役者さんの病気療養で登場させられなかったところもあったんだろうな…

ひげ好きだった
あと最後に内海が好きになった

鉄パイプは無理やて

(周りから色々と言われてるのわかるけど俺はビルド好きだよ…)って人達がかなり多くて仮面ライダー大投票4位になったの面白かった

ところで一人だけランキング低いヒゲですが…

言ってはなんだが毎年ニチアサにケチつける系の大人には一際鬼のように嫌われてるけどそれ以外ならおおむね好評だと思う

俺はビルド好きなんだがエボルト長すぎ!ってよく言われるのは見るけど
キャラが面白い悪役と一進一退の攻防続ける終盤がそもそも嫌いじゃなかったから気にならなかった
クロノスとかも似たようなタイプだと思うけどあんま言われないのは何の差だろう

エグゼイドは敵も味方も全力でぶつかった結果引き伸ばされてる感じだったけどエボルト周りは終始舐めプな部分があったからな…

とにかくキャラの立て方が上手かった印象
味方チーム皆好き

悪い時のヒゲどうしようもねぇな

地獄を見た

ヒゲに関しては芸術的な絵面多くでいいよね
額縁に入ってるヒゲとか影が仮面ライダーになってるヒゲとか

C世界の結論はやっぱりもう少しなんとかなっただろと思う
せめて迫ってくる地球に恐怖するシーンやめろ

大義のための犠牲となれ…(俺が)

ヒゲはあれでも子供人気あるのがすごい

ポテトと絡んでる時のひげ面白いもん…

中華帽子被せあってゲラゲラ笑ってる時のIQよ

ギャグキャラというかTシャツで会話する男になったのは正解だと思う
戦ってる時はふざけないし

カシラとヒゲのハザードレベル上げ方で笑う

内海主役の話が今でも見たい